小さな植物をもっとあなたのそばに・・・ ニチエンライフは新しい「植物とのふれあい方」を提案いたします。
ご利用頂けるクレジットカード



管理運営 : 株式会社 日 園
〒956-0045 新潟県
新潟市秋葉区子成場707

TEL : 0250-24-3322
FAX : 0250-24-6657


ホーム 伝統園芸植物 > 紫金牛

■ セキショウの販売について


在庫切れが続いており、現在の入荷予定がございません。
購入ご希望のお客様にはご迷惑をお掛けしております。
恐れ入りますが、またの機会をご検討くださいますよう、宜しくお願い致します。
どうぞ宜しくお願い致します。

商品一覧
伝統園芸植物 > 紫金牛
商品並び替え:


紫金牛(やぶこうじ)

かつては手さげ篭に入れられ、こわれ物のように大切に扱われた。
【歴史】

万両や百両金と同様に、観賞用として変わり葉や斑入り葉を野生から選抜して発展した。
万葉集にはこれを詠んだ歌が5首も記されている。
常緑で冬に赤い実をつけるので、昔は慶事を祝う時の魔除けとして用いられた。
古くは「ヤブコウジ」と「カラタチバナ」は区別がなかったが、「紫金牛」は混乱を避けるため江戸時代に付けられた名称である。
人気の面では、とくに江戸後期と明治以降に2度の大流行を見た。
明治初期、新潟県で熱狂的な流行が起き、米400〜600俵で取引された品種もあったという。それで同県では明治30年「紫金牛売買取締規則」が発布されたが、流行は明治末まで続いた。
それほど高まった紫金牛への熱も大正時代を経てすぼみ、昭和に入ると流行は止んだ。
しかし、最近になって一部の伝統園芸植物と同様に、愛好家が少しづつ増えてきている。

【観賞】

紫金牛は『葉芸』※1を観賞する。“覆輪”、“斑”、“コンペ”※2などを楽しむ。
(※1. その品種の葉が持つ独特の特徴や固有の形質)
(※2. 葉の縁に沿った白色の突起物で、紫金牛の葉芸の中でもとくに珍重されるもの。)

【販売形態】

「さかさ鉢」とポット苗のセットでの販売です。


登録アイテム数: 6件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
三保の松(ミホノマツ) (紫金牛・やぶこうじ)

三保の松(ミホノマツ) (紫金牛・やぶこうじ)
[KO-F01]

5,250円
葉の中央に、広く淡黄色の斑が入る。緑の覆輪と言っても良いでしょうか。 紫金牛は同属の百両金等と同様に、多様な葉芸を総合的に鑑賞します。
高輝冠(コウキカン) (紫金牛・やぶこうじ)

高輝冠(コウキカン) (紫金牛・やぶこうじ)
[KO-F02]

5,250円
長楕円形の葉に、くっきりと現われる白く深い覆輪が印象的です。 紫金牛は同属の百両金等と同様に、多様な葉芸を総合的に鑑賞します。
御代錦(ミヨニシキ) (紫金牛・やぶこうじ)

御代錦(ミヨニシキ) (紫金牛・やぶこうじ)
[KO-F03]

5,250円
丸っこい葉に、白い斑が点状・線状・面状と多彩に入ります。 紫金牛は同属の百両金等と同様に、多様な葉芸を総合的に鑑賞します。
天の川(アマノガワ) (紫金牛・やぶこうじ)

天の川(アマノガワ) (紫金牛・やぶこうじ)
[KO-F04]

5,250円
一見すると白い花が咲いているようですが、白く見えるのは"コンペ"という葉に出る独特の突起物です。 このコンペが見事な品種です。                  紫金牛は同属の百両金等と同様に、多様な…
白王冠(ハクオウカン) (紫金牛・やぶこうじ)

白王冠(ハクオウカン) (紫金牛・やぶこうじ)
[KO-F05]

5,250円
ギザギザ状の縁(鋸歯)をもつ葉に、白い深い覆輪が出ます。 紫金牛は同属の百両金等と同様に、多様な葉芸を総合的に鑑賞します。
縮緬 (チリメン)(紫金牛・やぶこうじ)

縮緬 (チリメン)(紫金牛・やぶこうじ)
[KO-F06]

5,000円
細長い葉の葉脈が細かく深くへこみ、縮緬のようになっています。 ひじょうに実の付きが良い品種です。 紫金牛は同属の百両金等と同様に、多様な葉芸を総合的に鑑賞します。
  説明付き一覧    写真のみ一覧